ゴスペルのボイトレは英語で歌うの?


ゴスペルは西洋の宗教音楽で、主にキリスト教の礼拝などで歌われてきました。
日本ではあまり馴染みのない音楽ジャンルということもあり、英語で歌うのかどうか不安を感じる人もいるでしょう。
ゴスペルのボイトレでは、課題曲に英語詞の楽曲を選んでいるため、全編英語で歌うことになります。

しかし、課題曲に選ばれているのは有名なポップス曲が多く、誰もが一度は耳にしたことがある曲ばかりです。
そのため、英語に苦手意識がある人でも、実際に歌う際に困ることはありません。

また、課題曲はポップスですが、きちんとゴスペル調にアレンジされています。
つまり、ゴスペルのメソッドを身をもって体験しながら、英語詞のポップスを通じて歌唱力や英語の発音力を高めることができるのです。
ゴスペルを初めて歌う人だと最初は不安かもしれませんが、講師や同じ生徒達が優しくリードしてくれます。

楽しく歌うことに主眼を置いていますので、歌うことが趣味の人にもおすすめです。

This entry was posted in ゴスペル. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります