ゴスペルのボイトレって難しそうだけど…


ゴスペルは本来「神の言葉」という意味を持っており、キリスト教徒が神にささげる音楽でした。
いわゆる宗教音楽であり、一般の人にとっては馴染みが薄いジャンルかもしれません。
そのせいか、ゴスペルのボイトレというと難しいイメージが先行してしまうようです。

しかし、実際にボイトレで行われているのは、ゴスペルのポップクワイアと呼ばれる内容です。
これは、誰もが聴いたことのあるポップス曲を、ゴスペル調にアレンジして楽しく歌うレッスンです。
そのため、ゴスペルのボイトレでは難しく感じることなく、自然とゴスペルのスキルを養うことができます。

また、ゴスペルのボイトレでは課題曲に英語詞の楽曲を選んでいます。
したがって、英語が苦手な人でも楽しく歌いながら、英語に対する理解を深めることが可能です。

日本ではあまり日常的に歌われることが少ないゴスペルですが、海外の文化に触れたい人にはおすすめですので、ぜひゴスペルのボイトレを受講してみましょう。

This entry was posted in ゴスペル. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります