ミュージカルにボイストレーニングは欠かせない 


私は現在アルバイトをしながら、劇団にてミュージカル活動をしています。大学で演劇部に入ったことがきっかけで、この世界にすっかりのめりこんでいます。演技指導の先生や先輩から、演技について教えてもらっています。ですが自分一人で練習する事も欠かせません。
中でもボイストレーニングは、ミュージカルに限らず、どんな役者でも必要不可欠な練習です。これは建物の土台のように、演技の基礎になるものです。

私がまず最初に教わったのは、腹式呼吸からでした。まず私たちは、発声をする際に息を吸い込みます。そして息を吐き出すときに発声して声になります。複式呼吸はこれを効率的に行い、吐き出す息を無駄なく声に繋げることを可能とします。鍛錬と忍耐が必要ですが、マスターすると声が確実に変わってきます。

また、ボイストレーニングを続けていると、大きく声を出すには力を使わなくてよいという事がわかります。ミュージカルという性質上、声を遠くまで届かせなければならないのですが、力まかせにやらなくてもよくなります。

これからもボイストレーニングを怠らず、鍛錬していきたいと思います。

This entry was posted in ミュージカルで輝くために. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります